アニメ「か行」

【完結作】コードギアス 復活のルルーシュ【おすすめアニメ・感想・紹介】

この映画はアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」「コードギアス 反逆のルルーシュR2」を元にした、「劇場版コードギアス 反逆のルルーシュ復興・叛道・皇道」3部作の続編となっています。

ネタバレありの感想・紹介記事になっているので注意!

劇場版3部作はTVアニメの総集編+αなので、TVアニメしか見ていない場合でも問題なく見ることができます。(TVアニメ版と劇場版3部作の違いは分かりやすいのですぐに分かります)

ルルーシュの復活というのはコードギアスシリーズが好きな人には、興味が引かれる内容になっています。

コードギアスシリーズは『ゼロレクイエム』によって物語はキレイに完結していた。

だが、ルルーシュという代償は大きく、ハッピーエンドとは言い切れない物語になっていた。

コードギアスを好きな人にとって、報われて欲しいキャラクターが一杯いるので、シリーズの補完的な要素を考えても、今作は非常に満足できる作品だ。

また、マンガ版も出ているので興味がある人は、どうぞ!

コードギアス 復活のルルーシュ アニメ公式サイト

タイトル 作品紹介

コードギアス 復活のルルーシュ

・ジャンル

SFロボットアニメ、ダーク・ファンタジー

・劇場版アニメ

アニメーション制作:サンライズ

劇場公開日:2019年2月9日

コードギアス 反逆のルルーシュ第1期+第2期の完結編

あらすじ

光和2年。
世界は再編成された超合集国を中心にまとまり、平和な日々を謳歌していた。

しかし、平和は突如として終わりを告げる。

仮面の男・ゼロとして、ナナリーの難民キャンプ慰問に同行したスザクが謎のナイトメアフレームに敗れ、2人は連れ去られてしまった。

シュナイゼルの密命を受け、戦士の国・ジルクスタン王国に潜入したカレン、ロイド、咲世子はそこで、謎のギアスユーザーに襲われる。

そして、その場には襲撃者に“元嚮主様”と呼ばれる、C.C.が居た。

かつて神聖ブリタニア帝国の大軍すらも打ち破った無敵の王国を舞台に、人々が描く願いは、希望か絶望か。

果たして、ギアスのことを知るジルクスタン王宮の面々と、C.C.の思惑とは——。

↓↓↓コードギアスを盛り上げるBGMが詰まったオリジナルサウンドトラック↓↓↓

コメント 感想 おすすめ度

おすすめ度

物語は“ゼロレクイエム”から1年後。

悪虐皇帝ルルーシュが討たれ、世界が平和になり、戦争もテロも無くなった。

そんな中、ジルクスタンという国が新たな戦争の火蓋を切る。

ルルーシュの復活

復活するのは後半になるかと思いきや、キャラ自体は序盤から登場している。

死んだと思われたルルーシュだが、生きている可能性があった為、ジェレミアが身体を確保していたのだ。

実際にアニメで感じた違和感というか、「ルルーシュが生きている理由」と「復活のルルーシュ」という意味に納得できた。

ただルルーシュを復活させるだけではなく、本編では叶えることが出来なかったキャラクターたちの気持ちに決着をつけたのは良かった。

ジルクスタン

平和になった世界で戦争を引き起こした国家。

ジルクスタンは姉シャムナがギアス使いで「預言者」として国を治めており、弟シャリオは車椅子で必死に姉や国民の為に戦っている。

いわゆる「悪」という国家ではなく、国家として傭兵業を生業にしている為に、平和になった世界では必要とされず、追い詰められていたのだ。

今作ではルルーシュ側は“ゼロレクイエム”などを経験したことにより、かなり精神的に強くなっている。

逆に、ジルクスタン側は以前のルルーシュ達のように精神的に不安定な部分があり、ルルーシュたちとの立場が逆転している状態だ。

国のため、家族のため、未来のために戦う姿はルルーシュやナナリーと同じで被って見える。

そのため、ルルーシュ達と敵対していたジルクスタン勢だが、ある程度感情移入ができ、憎めないキャラになっている。

進化したナイトメアの戦闘シーンは最高

古い機体というハンデを負ったスザクの地上戦闘、最新機種のランスロット・紅蓮の大規模空中戦、コーネリア・ジェレミア達の集団戦と見所が多い。

また、新型の蜃気楼に乗った復活したルルーシュ&C.C.の頭脳戦も2人の関係や信頼関係がよく見えて良かった。

元々最高性能だったランスロット・アルビオンと紅蓮聖天八極式。

“ゼロレクイエム”で壊れた両機だが、たった1年で復活して更にハイスペックになっていた。

これを完成させた新キャラクターの子供たちだが、とくに深堀りされなかったが今後を考えると末恐ろしい。

まとめ

あえて悪い所を上げるなら、約2時間しか無いので色々と駆け足で詰め込まれていたことだ。

せっかく登場した懐かしいキャラや、新登場の子供たちの話も見てみたいと感じた。

良い意味で時間が足りず、もっと見たい作品になっている。

また、今回の敵はルルーシュ達の方が精神的に強くなっているので脅威に感じづらかったのがイマイチな点だ。

敵側にもギアス使いが複数いるがその能力と使い方は、ルルーシュのように戦術・戦略的に使うのではなく、場当たり的に使っている印象があった。

正直なところルルーシュ、スザク、カレン、C.C.、コーネリア、シュナイゼル、ジェレミア、セシル、ロイド等の戦力が揃っている黒の騎士団が簡単に負けるとは思えないのが原因だと思う。

ただ、コードギアスファンとしてはルルーシュ達の活躍が見たいのでコレで良かったという感想だった。

コードギアスの完結編として納得と満足がいく作品なので、ぜひとも見て欲しい!

↓↓↓「コードギアス 復活のルルーシュ」に登場した、C.C.カレンパイロットスーツVerを再現したフィギュアが発売されています!キャラクターの性格や魅力が高いクオリティで再現されていますね!↓↓↓

ABOUT ME
ニコイル
おすすめアニメや新着アニメ情報やグッズ、マンガを紹介するブログを投稿しています! フォローしてもらえると面白いアニメや新着情報が貴方へ届きます! コメント、RT、いいねして貰えると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です