アニメ「か行」

コードギアス 反逆のルルーシュ【おすすめアニメ・感想・紹介】

正義と復讐、嘘、苦悩、葛藤が描かれるダークストーリー!

茨の道を突き進むしかない叛逆の王道を歩むルルーシュの物語は、どんな軌跡をたどるのか確かめて欲しい。

 

コードギアス アニメ公式サイト

タイトル 作品紹介

コードギアス 反逆のルルーシュ

・ジャンル

SFロボット、ダーク・ファンタジー

・アニメ第1期

アニメーション制作:サンライズ

放送日:2006年10月~2007年7月

話数:全25話+総集編2話

アニメ第2期+劇場版で完結済み。

あらすじ

皇暦2010年8月10日 、世界唯一の超大国神聖ブリタニア帝国は日本と地下資源サクラダイトを巡って対立し宣戦布告、日本に侵攻した。

日本は占領され、ブリタニアによって「エリア11」と呼称される。

日本人は「イレヴン」と蔑まれ、自由を奪われブリタニアの総督により支配された。

ブリタニアは「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型兵器により世界の3分の1を支配下に収めた。

日本侵攻から7年後、日本に住むブリタニア人の少年・ルルーシュ・ランペルージは、謎の少女C.C.(シーツー)から、他人に自分の命令を強制出来る絶対遵守の力「ギアス」を授けられる。

ルルーシュは暗殺された母親の仇をとり、妹のナナリーが安心して暮らせる場所を作るため、仮面で素顔を隠して「ゼロ」と名乗り、レジスタンス組織「黒の騎士団」を結成、ブリタニア帝国に対して戦いを挑む。

感想 おすすめ度

ブリタニア帝国という架空の超大国に占領された日本を舞台にした戦争物語。

主人公のルルーシュはブリタニアの人間だが過去に父親であるブリタニア皇帝に捨てられており、妹のナナリーと共に占領された日本で生き延びていた。

そんなルルーシュの復讐と願いが、この物語の主軸となっている。

ルルーシュは野望を抱きながらも漠然とした正義感や優しさを持った青年であり、「ギアス」という絶対命令の力を手に入れてからの行動が世界を揺るがす。

ルルーシュはその出自から自ら名乗り出ることができず、正体がバレることがダブーとなる中で「ゼロ」という仮面の男を演じ、自身の野望と願いを叶えるために黒の騎士団を組織することで叛逆の狼煙を上げることになる。

絶対的な命令ができる「ギアス」はとんでもなく強力な能力だが、そんな能力を持ってしても全てが順調に行くとは限らない。

その要因の一つとしてルルーシュの不完全さが大きい。

ルルーシュは「ゼロ」として天才的な頭脳と「ギアス」の力を使い手段を選ばず戦い続けるが、悪逆的な態度とは裏腹に身内に対してかなり甘く優しい。

「ゼロ」という仮面を被って嘘を付くが、その甘さや非情になり切れない部分が物語の状況をより複雑にしてしまう。

本作品には数多くのキャラクターが登場する群像劇で、それぞれの思想や感情が入り乱れ、止められない世界の渦を作り出す。

戦闘に関しては戦術と戦略の2つが軸になっており、2つの要素を上手く取り入れている。

本作品に登場するロボット兵器であるナイトメアは戦局を左右する大きな存在で、ナイトメア同士の戦いを軸にした戦術的戦闘と、戦域全体を動かし戦う指揮官同士の戦略的な戦いが混ざり合い上手い演出になってる。

物語的には第1期で完結しておらず、第1期だけを見れば後味が悪い終わり方をしている。

なので、この物語の続きが気になるなら第2期「コードギアス 反逆のルルーシュR2」を是非見て欲しい。

また、劇場版3部作はこの作品の総集編だが少し物語が違い、劇場版「コードギアス 復活のルルーシュ」は劇場版3部作の展開を元に作られている。

ABOUT ME
ニコイル
おすすめアニメや新着アニメ情報やグッズ、マンガを紹介するブログを投稿しています! フォローしてもらえると面白いアニメや新着情報が貴方へ届きます! コメント、RT、いいねして貰えると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です